ニキビ跡 美容液

ニキビ跡の美容液

ニキビ跡に美容液を用いるとしたら?

 

ニキビ跡=色素沈着と考えた時、ニキビ跡用美容液に推奨したいのは
「HAKU」の『メラノフォーカス2』ですね。
美白成分である「トラネキサム酸」が配合された美容液です。

 

「トラネキサム酸」は、シミ治療に内服薬として
用いられることもあるほどの美白効果を秘めています。
しかし、同時に止血効果も持っているため、血液が固まって
血管を塞いでしまうという副作用がまれに起こるそうです。

 

もっとも、副作用が生じるのは内服した場合ですから、
外用する美容液であれば副作用を気にすることなく
「トラネキサム酸」の恩恵に預かれるというわけです。

 

普通、美白ケアは時間が掛かってあたりまえの事柄ですが、
『メラノフォーカス2』は比較的早く効果を実感出来ると
いうことで話題になりました。
そういうわけで、色素沈着を起こしているニキビ跡に美容液を
用いるとしたら、『メラノフォーカス2』がオススメです。

 

同じ資生堂から出ている「ベネフィーク」の『メラノフォーカス』
という美容液にも「トラネキサム酸」が使われており、成分的には大差ないようです。
ですので、「ベネフィーク」の美白美容液もニキビ跡用美容液としてオススメ出来ます。

 

ちなみに、資生堂系列である「草花木果」の美白美容液にも
「トラネキサム酸」は配合されていますから、資生堂という
メーカーイチオシなのかもしれません。

 

カネボウの「ブランシール」も美白のシリーズとして定評があります。
その「ブランシール」の進化板である「ブランシール スペリア」の
『ホワイトニングコンクルージョン』。
こちらは、「マグノリグナン」という美白成分が配合されています。
こちらも好評なので、ニキビ跡用美容液として試す価値はあります。

 

カネボウと言えば、「DEWスペリア」の
『ブライトナーコンセントレート』が気になります。
ターンオーバーを整えてくれる機能があるとのこと。

 

ニキビ跡がいつまでも残っているということは
ターンオーバーが乱れているということですから、
ターンオーバーに良い影響をもたらしてくれる美容液も
ニキビ跡用美容液に適しているでしょう。

 

ところで、ニキビ跡=陥没・隆起状態と考えた時、
ニキビ跡に美容液を用いて効果はあるのでしょうか?

 

陥没・隆起しているニキビ跡の改善はかなり難しいのですが、
アンチエイジングをうたっているメーカー・ブランドの
美容液であればニキビ跡用美容液として活躍する可能性はあります。

 

というのも、アンチエイジングとは“若返り”を意味しています。
肌の中のハリや弾力といった若々しさの象徴である成分は
加齢と共に失われていくため、それを補う効果を持っているのが
アンチエイジング化粧品です。

 

陥没・隆起状態のニキビ跡はコラーゲンが変成した結果ですから、
コラーゲンを補ってくれるアンチエイジング美容液でしたら、
ニキビ跡用美容液として期待は持てますね。

 

ニキビ跡の対策へ効果のあるスキンケア「ビーグレン」はこちら。(通販限定)

ニキビ跡