ニキビ跡 凸凹

ニキビ跡 凸凹を治療するには?

ニキビ跡が凸凹になってしまう、
もしくは、ニキビ跡が凸凹になってしまった。
それは、ニキビというダメージが肌の奥深くまで
達してしまった結果です。

 

3層ある皮膚の上層を突き破るほどのダメージを受けると、
皮膚は陥没(凹状態)もしくは隆起(凸状態)してしまうのです。
上層と言っても、上層こと「表皮」は『角質層』他4層から形成されているので、
4枚のバリアを突き破るほどのダメージということになります。
皮膚が陥没してしまうのも無理はないほどのダメージを被っているわけです。

 

もし、一箇所でもニキビ跡が凸凹になったなら、
それを繰り返さないようにしましょう。
繰り返すと、いわゆる「クレーター」と呼ばれる状態になります。

 

ニキビ跡の凸凹が何箇所にも出来、月面にあるクレーターの
ようになってしまうということです。
一箇所だけでも厄介なのに、それが何箇所にも出来たら…?
想像するだに恐ろしいですよね。

 

何が厄介かと言うと、ニキビ跡が凸凹になってしまうと
完治させるのが難しいという点です。
治りにくいニキビ跡の中でももっとも治りにくいニキビ跡が
凸凹(含むクレーター)状態だということを覚えておいてください。

 

*ニキビを潰す
*ニキビを悪化させる
*悪化したニキビを放置する

 

こうすることでニキビ跡が凸凹になりやすいので、
とにかくニキビを悪化させないことがニキビ跡を凸凹に
しないための第一歩ですね。

 

では、もしもニキビ跡が凸凹になってしまったら?
出来ることは何もないのでしょうか?

 

ダメージを負っている肌の深層に肌の弾力やハリを担っている
成分であるコラーゲンを注入するとだいぶ良くなるようです。
ただし、定期的に行わないと元の陥没した状態に戻ってしまうのだとか。
保険が効かない処置なので、ある程度の金額を自己負担
することにも注意しなければなりません。

 

自分でケアをするのであれば、ニキビ予防に努めつつ、
コラーゲンのサプリメントを服用するという手段があります。

 

ニキビ跡の対策へ効果のあるスキンケア「ビーグレン」はこちら。(通販限定)

ニキビ跡