ニキビ跡 皮膚科

ニキビ跡を皮膚科で治す

ニキビ跡を皮膚科で治すことは可能なのでしょうか?

 

ニキビ跡になる前、すなわち、ニキビであれば
皮膚科は対策のひとつとして浮かびますよね。
ニキビ治療の最終手段=皮膚科という認識すらあるかもしれません。

 

一方、ニキビ跡は跡になっているとはいえ
ニキビは治っているわけですから、ニキビ跡のために
皮膚科に行く人は少ないような…?

 

しかしながら、ニキビ跡治療で皮膚科に
赴くことは間違いではありません。

 

例えば、ニキビ跡が赤みを持っている時や痛みがある時。
炎症が治まっていない可能性が高いので、皮膚科で
消炎剤などの薬を処方してもらうのが有効です。

 

例えば、ニキビ跡が色素沈着を起こしている時。
色素沈着の度合いに沿った内服薬や外用薬を処方してもらえます。
自分では色素沈着の度合いはなかなかわからないので、
医師に診てもらうのが確実でしょう。

 

例えば、ニキビ跡が陥没・隆起している場合。
皮膚のスペシャリストとも言える皮膚科医であれば、
美肌治療にも精通していることが多いので、
自分の肌の状態に合った治療法を提示してくれると思われます。

 

このように、ニキビ跡を皮膚科で診てもらうのは
ニキビ跡治療においてプラスになります。

 

いきなり高額の美肌治療を試すよりは、
ニキビ跡を皮膚科で診断してもらうほうが
くらべものにならないほど安価です。
また、自分のニキビ跡がどんな状態にあるのか
正しく把握することが出来るはずです。

 

皮膚科はニキビに悩んだ時だけの味方ではないのですね。
悩みの種がニキビ跡でも皮膚科へ行ってみましょう。

 

ニキビ跡の対策へ効果のあるスキンケア「ビーグレン」はこちら。(通販限定)

ニキビ跡