ニキビ跡 毛穴

ニキビ跡と毛穴の関連性

ニキビ跡と毛穴に関連性はあるのでしょうか。

 

ニキビと毛穴は密接に関係していますよね。
毛穴が詰まって炎症を起こしたものがニキビですから。
ですが、跡になっているとはいえニキビが治っている
状態のニキビ跡と毛穴に何か関連性があるかというと…?

 

ないと断言するのはまだ早い!
ニキビの原因によっては、ニキビ跡と毛穴にも関連が出てきます。

 

「ニキビの原因は皮脂じゃないの?」という方。
その通りです。
厳密には、“過剰な”皮脂なんですけどね。

 

その皮脂が分泌される原因。
それも、過剰に分泌されてしまう原因が、ポイントです。

 

皮脂が過剰に分泌されてしまう原因のひとつに、『乾燥』が挙げられます。
過剰な皮脂と乾燥。
一見、真逆にあるような肌の状態ですが、切っても切れない間柄です。

 

乾燥は、肌にとってはダメージです。
そして、皮脂は、肌にとってのバリアです。
乾燥というダメージから肌を守るため、
乾燥すればするほど皮脂は分泌されます。
過剰に分泌されてしまうのですね。

 

また、肌の表面が乾燥すると、肌の内側の水分が蒸発していき、
表面はベタつくのに内側は乾いているという状態に陥ります。
このような肌の状態を、「インナードライ」と言います。

 

インナードライ肌になってしまうと、毛穴は常に開きがちです。
毛穴が開いていると汚れが溜まりやすくなりますし、既述の通り、
皮脂が過剰に分泌されている状態でもあるので、ニキビが出来やすくなります。

 

そして、インナードライ肌を改善しない限り、
ニキビが治っても毛穴は開いているのです。
つまり、ニキビ跡と毛穴の開きという2大トラブルを
抱えていると言っても過言ではありません。
ニキビ跡周辺の肌をよくチェックしてみてください。
ニキビ跡以外に毛穴は目立っていませんか?

 

ニキビ跡ケア=美白ケアと考えがちですよね?
間違いではありませんが、インナードライ肌のニキビ跡ケアは、
毛穴を引き締めるケアも取り入れるべきです。

 

それから、『保湿』。
乾燥を防がないことには、インナードライの状態も
毛穴の開きも改善されません。
インナードライ肌の人は皮脂を抑えようと保湿を怠って
逆効果になっている人が多いので、まずは保湿を心掛けるようにしてください。

 

ニキビ跡