ニキビ跡 化粧水

ニキビ跡の化粧水

ニキビ跡に使う化粧水としてオススメしたいのが、
「ちふれ」の『美白化粧水』です。
こちらは、ニキビ跡にオススメの成分である
「ビタミンC誘導体」が配合されています。

 

「ビタミンC誘導体」は、ビタミンCのメリットは
そのままにデメリットを改善したものです。
つまり、ビタミンCのメリットである

 

  • メラニンの『抑制』
  • メラニンの『還元』

 

に加え、ビタミンCのデメリットを改善した

 

  • 壊れにくい
  • 浸透しやすい
  • 持続する

 

という性質を兼ね備えているということです。

 

ニキビ跡と言えば、なかなか治らない色素沈着が筆頭に挙げられますよね。
その色素沈着を徐々に薄くしてくれる『還元』効果が
「ビタミンC誘導体」にはあり、なおかつ、ただのビタミンC
よりも壊れにくく、浸透しやすく、持続するのです。
これをニキビ跡用化粧水に使わずに何をニキビ跡用化粧水に使うのかと!

 

さて、「ビタミンC誘導体」は近年注目されているため、
使われ始めた当初よりも価格が手頃になりつつあります。
とはいえ、「ちふれ」の『美白化粧水』の手頃さ
(なんと税込945円!)は群を抜いています。

 

化粧水はケチらずたっぷりと使うべきアイテムですから、
ニキビ跡用化粧水としてイチオシはこの「ちふれ」の『美白化粧水』ですね。

 

ちなみに、青いボトルですので、赤いボトルの
『美白化粧水』とお間違えないように。

 

赤いほうは「アルブチン」配合なので、
『抑制』効果はありますが『還元』効果がありません。
ニキビ跡用化粧水としては『還元』効果に期待したいわけで、
「アルブチン」ではいまひとつなのですね。

 

なお、「ビタミンC誘導体」は壊れにくく改善されていると
言っても紫外線に弱い存在です。

 

「ちふれ」のものに限らず、「ビタミンC誘導体」が
配合されている化粧水をニキビ跡用化粧水として使う際には、
紫外線を当てないようにしましょう。
紫外線はガラスを通り抜けるので、窓辺に置くのはタブーです。

 

ニキビ跡の対策へ効果のあるスキンケア「ビーグレン」はこちら。(通販限定)

ニキビ跡