ニキビ跡 クレーター

ニキビ跡がクレーター

ニキビ跡をクレーターと呼ぶことがあります。
月面の凸凹(デコボコ)をクレーターと言いますよね?

 

あのクレーターのように陥没・隆起してしまっている
ニキビの跡=クレーターということです。
特に、一箇所だけでなく複数箇所、もしくは、広範囲に渡って
陥没・隆起したニキビ跡をクレーターと呼んでいます。

 

脅かすわけではありませんが、ニキビ跡がクレーターに
なったということは、ニキビ跡の中でも重症だということを
知っておいてほしいと思います。

 

私達のからだを覆っている皮膚は、実は一枚ではなく、
複数枚重なっています。層になっているのですね。
大きく分けて、3層あります。
最上層を「表皮」、真ん中を「真皮」、最下層を「皮下組織」と言います。
更に、最上層=「表皮」は『角質層』・『顆粒層』・『有棘層』・
『基底層』という4層になっています。

 

ニキビというダメージが「表皮」を突き抜けて「真皮」に達し、肌が陥没してしまう。
逆に、隆起してしまう。しかも、それを何度も繰り返す。
これが、ニキビ跡がクレーターになる流れです。

 

大怪我をした時などに傷跡が残ることがありますよね?
あれも、原理は同じです。
あまりにも深いダメージは人間が持っている自然治癒能力が
どんなに優れていても癒し切れないわけです。

 

そもそも、ニキビ跡がクレーターになるということは、
肌の生まれ変わりのサイクルからはずれてしまっています。

 

肌は、細胞レベルで生まれ変わりを繰り返しています。
「表皮」の最下層=『基底層』で生まれた皮膚細胞が最上層=『角質層』に到達し、
肌(皮膚)という仕事をまっとうし、やがて、剥がれ落ちる。

 

これが、肌の生まれ変わりことターンオーバー、別名・新陳代謝です。
「表皮」の中で起こっているターンオーバーですから、「表皮」の下の
「真皮」のダメージは良くも悪くも影響を受けません。
つまり、ニキビ跡がクレーターになってしまうとターンオーバー
では治せないということ。

 

現代の最新医療・美容でも、ニキビ跡がクレーターに
なってしまうと完治は難しいそうです。

 

ニキビ跡をクレーターにしない、させない。
そのためには、ニキビを悪化させないに限ります。
ニキビが出来ないようにすることも大切ですね。

 

ニキビ跡