ニキビ跡 色素沈着

ニキビ跡が色素沈着

ニキビ跡が色素沈着を起こすことはめずらしくありません。
紫外線が原因で色素沈着が出来ることがありますが、
ニキビ跡の色素沈着も原理は同じです。

 

色素沈着のモトであるメラニン色素。
そのメラニン色素は、何らかのダメージを受けた際に生産されます。

 

何らかのダメージ―――紫外線だったり、ニキビの炎症だったり。

 

本来なら、メラニン色素が作られるのは肌が持っているバリア機能の一環です。
ダメージが肌の奥深くひいては体内に侵入しないようにとメラニン色素を作り、
メラニン色素で染まった細胞でガードしているのです。

 

ガード後に、ターンオーバー機能でメラニン色素で染まった細胞が
剥がれ落ちるのが普通なのですが…。

 

ニキビが出来る原因のひとつに肌機能の低下が挙げられます。
代表的な肌機能と言えば、そう、ターンオーバー。

 

ニキビが出来る=肌機能の低下
肌機能の低下=ターンオーバーの乱れ
ターンオーバーの乱れ=メラニン色素で染まった細胞が剥がれ落ちない

 

というわけで、肌機能が低下しているからニキビが出来るのであって、
ニキビが治ったとしても肌機能が回復していなければ
ニキビ跡は色素沈着を起こし、しかも、なかなか薄くなりません。

 

もしも、ターンオーバーが正常なら、1〜2か月もすれば
ニキビ跡の色素沈着は薄くなっていくはずです。
ターンオーバーの周期は約28日と言われていますから、
最低でも28日間は様子見が必要ですね。

 

28日間以降もニキビ跡の色素沈着が薄くなる様子を
見せないのであれば、ターンオーバーが乱れていることを受け入れましょう。

 

ターンオーバーが乱れている場合、古い角質を除去することで
ニキビ跡の色素沈着は薄くなるはずです。
が、ターンオーバーの乱れを正常に戻さないことには根本的解決に至らないので、
睡眠をしっかり摂取するなどターンオーバーの改善に努めるべきと言えます。

 

ニキビ跡