ニキビ跡 食べ物

ニキビ跡に効く食べ物

ニキビ跡を食べ物で改善しましょう。

 

ニキビ跡=色素沈着や陥没・隆起。
ということで、色素沈着に効果のある食べ物と
陥没・隆起に効果のある食べ物を挙げてみたいと思います。

 

色素沈着タイプのニキビ跡に効く食べ物は、
ビタミンCを含む食べ物になります。

 

ビタミンCには色素沈着のモトであるメラニンの生成を抑制する効果がある上、
生成されたメラニンを徐々に薄くしていく還元効果があります。
ビタミンCが含まれていて摂取しやすい食べ物と言えば、果物や野菜でしょう。
特にビタミンCを多く含んでいるのは、

 

イチゴ、レモン、グレープフルーツ、アボガド、キャベツ、ピーマン、
カリフラワー、ブロッコリー、レンコン、ジャガイモ

 

などです。

 

ただし、ビタミンCには壊れやすいという欠点があります。
水に溶けやすく、火に弱いのです。
調理せずに食べられる果物のほうが摂取は無難かも…?

 

なお、いわゆる“旬”の食材のほうがビタミンCが豊富です。
例えばキャベツなら、旬である春のキャベツがもっとも
ビタミンCが豊富に含まれています。
旬の食材を把握した上で食事に取り入れることが
ニキビ跡を食べ物で改善していく鍵となるかもしれませんね。

 

陥没・隆起タイプのニキビ跡に効く食べ物は、
コラーゲンを含む食べ物になります。
肌の中のコラーゲンが変成して陥没・隆起状態にあるわけですから、
コラーゲンを補ってあげると良いのです。

 

フカヒレ、ゼラチン、豚足、手羽先、鶏の皮、豚バラ肉
牛スジ肉、ウナギ、カレイ

 

などです。

 

果物や野菜にくらべると摂取しにくいかもしれません。
というか、豚足や鶏の皮などは好き嫌いが分かれますよね。
ニキビ跡に効く食べ物と思って我慢することも必要ではありますが。

 

この中で比較的摂取しやすいのはゼラチンでしょうか。
え?ゼラチンにコラーゲンが含まれているって意外?
市販のゼリーなどにも使われているゼラチンの原料は
動物性たんぱく質なので、コラーゲンが含まれているのです。

 

ゼラチンを使っているゼリーやババロアなどにも
コラーゲンが含まれていると言えますが、市販のものは
砂糖も多く含まれているため、ニキビ跡に効く食べ物にはあえて含めません。
ニキビ跡が治っても体重増加してしまったら新たな悩みが増えてしまいますからね。

 

ニキビ跡