ニキビ跡 治療法

ニキビ跡 治療法

ニキビ跡の治療法を探ってみました。

 

前提として、何をもってニキビ跡の治療と定義するのかによって、
ニキビ跡の治療法になる・ならないがあると思います。

 

例えば、スキンケアでニキビ跡を治すのも
ニキビ跡の治療法と言えばニキビ跡の治療法ですが、
「薬を使ったニキビ跡の治療法以外は考えていない」人にとっては
ニキビ跡の治療法と言えなくなってしまいます。

 

しかし、スキンケア用品は『基礎化粧品』と言いつつも
『医薬部外品』であることも多く、「『医薬部外品』は薬に含む」
という人もいれば「『医薬部外品』は薬に含まない」という人もいるでしょう。
ニキビ跡に効果のある治療法すべてを一概には
ニキビ跡の治療法と言い切れない難しさがあります。

 

ここでは、あえて、スキンケア以外のニキビ跡の治療法をまとめます。
ニキビ跡の治療法として、美肌治療の類を挙げることが出来ます。

 

  • イオン導入
  • フラクセル
  • フォトフェイシャル

 

などですね。

 

 

■ニキビ跡治療法:イオン導入とは■
肌に微弱な電流を流す治療。
その電流によりイオン化させた水溶性の有効成分を肌の深層にまで浸透させる。
スキンケアよりも深層に浸透させることが出来ると言われる。

 

 

■ニキビ跡治療法:フラクセルとは■
レーザー治療の一種。
従来のレーザーよりも小さなレーザーを、それも、そのレーザーの集合体を照射する。
これにより、肌には無数の穴が開いた状態となる。
その穴というダメージを肌に回復させることがこの治療の目的。
肌の生まれ変わりを促す治療法ということ。

 

 

■ニキビ跡治療法:フォトフェイシャルとは■
光治療。レーザーとは性質が異なる。
この光は色素沈着のモトであるメラニンに反応する。
そのため、シミ(色素沈着)やソバカスに有効な治療法。

 

 

上記のようなニキビ跡治療法は、効果が期待出来る半面、
保険が適用されないというデメリットを抱えています。
ニキビ跡治療は美肌目的の治療と捉えられるため、保険が効かないのです。
残念ながら、今後保険が適用される見通しもありません。

 

保険が適用されずとも効果があるなら実行したいということであれば、
イオン導入・フラクセル・フォトフェイシャルのいずれも
ニキビ跡治療法として浸透しつつある治療法なので、試してみてはいかがでしょうか。

 

ニキビ跡の対策へ効果のあるスキンケア「ビーグレン」はこちら。(通販限定)

ニキビ跡