レチノイン ニキビ跡

トレチノインとニキビ跡

トレチノインをニキビ跡改善に用いることがあります。

 

トレチノイン。別名、レチノイン酸。その正体は、ビタミンA誘導体です。

 

  • 皮脂分泌抑制
  • 角質除去
  • ヒアルロン酸分泌向上
  • ターンオーバーの正常化
  • コラーゲン生成力促進

 

などの効果があります。
これらの効果を見る限り、トレチノインをニキビ跡に用いれば
どんなニキビ跡でもたちどころに治ってしまうように思えますね。

 

しかし、世の中そう甘くはないもので、トレチノインを
ニキビ跡に用いるにはリスクがつきまといます。
リスク、すなわち、副作用。

 

トレチノインをニキビ跡に用いると、ニキビ跡改善効果がある一方で、

 

  • 角質層が薄くなる
  • 紫外線に反応しやすくなる
  • 肌のバリア機能の低下
  • 炎症
  • 赤み

 

といった副作用が生じることがあります。
強すぎる薬は毒になることもあるわけで、肌が弱い人には不向きのようです。

 

また、トレチノインは現在の日本では認可されていない薬です。
認可されていないということは、保険が効かないということ。
よって、安価とは言い難い価格になる点にも注意を払うべきでしょう。

 

とはいえ、トレチノインのニキビ跡改善効果は副作用があるから
といって切り捨てるには惜しいほどの効果です。

 

ニキビ跡がストレスになるほど悩んでいてワラにもすがりたい
ということであれば、トレチノインをニキビ跡に用いて
ニキビ跡改善を目指すのもひとつの手段と言えるのではないでしょうか。

 

副作用や使用方法を正しく理解した上でトレチノインを
ニキビ跡に用いることが大切ですね。

 

ニキビ跡の対策へ効果のあるスキンケア「ビーグレン」はこちら。(通販限定)

ニキビ跡